メンズ眉毛ワックス脱毛のメリットデメリットとは?

メンズ眉毛ワックス脱毛のメリットデメリットとは?

 

ここ最近ではまつエクサロンでもアイブロウのメニューを取り入れたり、男性専用の眉毛サロンも増えてきました。

 

 

男は眉毛を整え清潔感をアップ!基本の眉の整え方

 

こちらの記事ではセルフでの眉毛の整え方をご紹介していきました。

 

今回はワックス脱毛を使用したメリットデメリットをご紹介します。

プロのアイブロウリストに施術してもらう眉毛ワックス脱毛はこのような人におすすめです。

 

・整え方が分からない

・左右対称にならない

・自己処理で失敗した

・自己処理が面倒くさい

・似合う形が分からない

・剃りあとが気になる

 

眉毛サロンでは様々なお悩みに合わせデザインを行っていきます。

 

ワックスの種類について

ワックスの種類を大きく分けるとソフトワックスとハードワックスの2種類になります。

サロンや技術者により使用するワックスの種類が違うため眉毛脱毛の際にソフトワックスを使用するサロンもあればハードワックスを使用するサロンもあります。

 

それぞれに特徴や毛に対する向き不向きがあります。

 

 

ソフト(ストリップ)ワックス

 

ソフトワックスはワックスを塗布し専用のストリップシートを使用し脱毛をします。ハードワックスは時間が経つと固まるという特徴がありますがソフトワックスは時間がたっても固まりません。

ソフトワックスのなかでも油性と水性がありいずでも原料が異なります。

 

水性にはシュガーワックスやハニーワックスなど蜂蜜や砂糖などを元に作られています。

比較的粘着性も弱く、肌にも低刺激なのです。VIO含め全身に使用でき長く太い毛にはおすすめですが短く細い毛にはあまり向きません。

 

油性は松ヤニから生成した成分(ロジン)などを元につくられています。

水性よりも粘着力が強く短く細い毛や産毛にも有効です。

油性のものは水性よりお肌に負担がかかりやすいですが、サロンによっては美容成分が配合されたもの使っているワックスを使用しているところも多いです。

 

 

ハードワックス

 

ソフトワックスはストリップシートを使用し脱毛を行いますがハードワックスはワックスそのものが固まり、剥がして脱毛を行います。メーカーにより差がありますが、数秒から数十秒かけワックスが固まり毛根から脱毛します。

様々な部位の対応が可能ですが粘着力が強いためとくに鼻毛やVIO、ひげ脱毛への使用が多いです。

2mm程度の短い毛はソフトワックスでは抜くことが難しいですが、ハードワックスでは短い毛も抜きやすくなっています。

反対に長生には不向きです。

 

 

 

 

 

眉毛ワックス脱毛のメリット

■自己処理が楽になる

剃刀やシェーバーで処理をした場合表面だけが剃れているのですぐにムダ毛が気になってきます。

ワックスで処理した場合は毛根から脱毛しているので、個人差はありますが2~4週は形が保たれます。

定期的にワックスをすることで毛周期が長くなりより形が定着しやすくなります。

 

■減毛効果がある

ワックス脱毛は永久脱毛ではありませんので、また生えてはきますが繰り返すことで毛根が弱まり毛自体が細くなったり毛周期が長くなるので生えるスピードが遅くなります。

その為ワックス脱毛を行い完全に伸びきってから再度施術を行っても減毛効果は薄れてしまうので、伸びきる前の形が残っているうちにワックスをすることでより効果がかんじやすくなります。

形が定着し、毛周期がのびてきたら通う頻度も少なくして行けますので約半年~1年ほどは3週間に1度や1か月に1度などコンスタントに施術を行うことがおすすめです。

 

清潔感がでる

ワックス脱毛は毛だけでなく古い角質も一緒に処理してくれるので肌がつるっとした肌触りになり、ワックスした箇所のお肌のトーンがアップするのでお顔が明るく見えます。

眉毛のムダ毛や細かい産毛があるとあまり清潔感があるようにはみえません。

髪形や服装などの身だしなみだけでなく眉を整えることでグッと清潔感が生まれます。

 

印象を変えられる

眉の形でお顔の印象は大きく変わってきます。

つりあがりすぎているときつく見られたり怒っているような印象を受け、眉やその周りの産毛も垂れて生えていると悲しい印象や老けた印象に見えてきます。

形だけでなく濃さや薄さでも見られ方は変わってきます。

眉サロンではワックスやツィザー、ハサミを使用し細かいところまでデザインを調整するので理想の眉に近づくことができます。

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

EGAWA@メンズ眉毛サロン ルアン六本木店(@akari____leun)がシェアした投稿

 

眉毛ワックス脱毛のデメリット

■痛みに個人差がある

技量やワックスの種類によって痛みを軽減することが可能ですが抜く作業なので痛みは伴ってきますが我慢できないほどの痛みではありません。

個人によって痛みの感じ方に違いがありますが、ワックスをすることで毛が細く柔らかくなってくると痛みも初回の時よりは軽減されます。

自己処理した毛が短くワックスで取りきれない場合、ツィザーでの処理が多くなる場合があります。

その場合一本一本抜いていくので痛みを伴う時間が長くなってしまいます。

その為サロン行く際には約2~3週自己処理はせずに生やした状態での来店がおすすめです。

 

■肌への負担がある

毛や古い角質がとれ清潔感のあるすっきりとした印象になりますが、ワックス直後は赤みがでたり毛穴が炎症を起こしてしまう場合があります。

サロンでは脱毛後にクーリングや保湿を行います。

たいていの場合赤みがでても当日中におさまってきますがホームケアも大事になってくるので日頃から保湿や清潔を保つようにしましょう。

 

 

 

 

まとめ

眉毛サロンではプロによりお顔立ちや骨格、輪郭をみて眉毛のデザインを決めていったり流行りの眉や似合う眉を提案してくれます。

ワックス脱毛はお手入れがとても楽になり清潔感がでるので就活中の方やビジネスで身だしなみを気を付けている方など様々な方におすすめです。

 

エステ・脱毛カテゴリの最新記事

error: Content is protected !!