浴衣女子との花火デート 気遣いとエスコートでデキる男に

浴衣女子との花火デート 気遣いとエスコートでデキる男に

 

 

 

8月は花火大会やお祭りの季節ですね。

気になる女性や彼女とデートへ行こうと思っている男性に知っておいてほしいポイントがあります。

 

1年に1、2回着るか着ないかの浴衣は歩きづらく帯も苦しく着慣れていないため想像以上に疲労がたまります。

そんな時に男性がうまくサポートしてあがればグンと好感度があがること間違いなしです。

 

暑い中浴衣なんか着たくない….と本音では思っている女性は多数。

そんな中浴衣を着るというのは男性に可愛いと褒められたいとい思いが大きいのではないのでしょうか。

頑張って着てきてくれた女性に対して普段以上に気を配りエスコートしてあげましょう。

 

浴衣女子とデートするときの気遣いポイント

いつもより歩くペースを考える

浴衣はどうしても歩幅が小さくな慣れない下駄や草履を履いているためいつもより歩くのが遅くなってしまいます。

男性側のペースと合わせて急がせてしまうと靴擦れになってしまう場合もありますので、いつも以上に歩くペースを意識し休憩しながら歩くようにしましょう。

 

浴衣を着ていない時も歩幅を合わせるのがデキる男の最低限のマナーだと思いますので、できてないなと感じた方は意識してみてくださいね。

移動手段や歩く道を調べておく

いつまでも座る場所が決まらなかったりひたすら歩きすぎてクタクタになって優柔不断さにがっかりしてしまう女性も。

特別なデートの日が残念な日にならないようにあらかじめ行くとこや移動手段などスムーズにいくように下調べをしておきましょう。

 

そしてもう一つ下調べしておきたいのはお手洗い場所。

花火大会会場などの仮設トイレなどの小さい場所は用を足すのも一苦労。

和式だと裾が汚れやすくめくらないといけないため着崩れの原因にもなってしまいます。

清潔で洋式があるお手洗いを探しておいたり案内をしてあげましょう。

 

あると便利なものを持っていく

浴衣にあわせるバッグはあまり大きくないため色々と持っていくことができません。

◆扇子や団扇・・・浴衣は涼しいと思われがちですが結構暑いのです。人込みの多いところにいくので余計暑く感じてしまうので扇子や団扇があるとすごく助かります。

敷物(シート)・・・裾が長く浴衣は汚れやすいです。大きいものでもなく簡易的な敷物があればさっと休むことができるので用意しておきましょう。シートだけでなく軽食を食べる時に膝に置けるタオルなどもあると◎

◆絆創膏・・・履きなれていない下駄や草履は鼻緒の部分がとても痛くなってしまいます。女性も忘れがちな絆創膏を携帯しておきましょう。

◆ビニール袋・・・花火大会会場など人の多いところでゴミ箱を探すのはとても大変なことです。みつけてもパンパンになっていたりする場合もあり、すぐ捨てたいゴミをずっと手に持っているのは大変なのでビニール袋があると便利です。


 

 

浴衣姿を褒める

どんなエスコートも嬉しいですがやはり女性は浴衣姿を褒められたいのです。

髪の毛や浴衣を着飾っていつもより時間をかけておしゃれをしています。

女性自身も似合っているか不安で男性がどう思っているか気になっている場合もあります。

そんな不安を取り除けるように、普段言わない人は気恥しいかもしれませんが「可愛い・綺麗・似合ってる」など一言は声をかけてあげましょう。

 

 

早めにスケジュールを組む

普通のデートと違い浴衣を着る場合は事前の準備が増えるため予定は早めに組みましょう。

特別な日なので女性は気合をいれて当日を迎えたいと思っています。

 

・浴衣を買う

・ネイルや美容室でメンテナンス

・着付けやヘアセットの場所を探し予約を入れる

これらを事前にするため急すぎるスケジュールだと浴衣でデートができない場合もあります。

 

行きたい花火大会やお祭りがあったら早めに日程を伝え、女性側が余裕をもって準備ができるように約束するのがいいでしょう。

 

 

まとめ

浴衣デートは普段のデートよりも気遣うポイントが沢山あります。

浴衣は行動するのが大変な部分があるので上手にエスコートしてあげないといい思い出ではなくなってしまう場合があります。

細かいところまで目を配り優しくエスコートして浴衣デートを特別で楽しい思い出にしてくださいね。

デート・マナーカテゴリの最新記事

error: Content is protected !!